外壁塗装ネット集客の凄ワザ!

塗装のT業者が初めて2件集客した理由はこれ!

先日パートナーのT業者が、初めて2件自社案件を集客しました。

その後も、お問い合わせ見積もり依頼が続いているそうです。

集客できない原因は必ずある

T業者は、以前他社でHPを制作していましたが全くお問い合わせがありませんでした。

何故か?

・作りきりのデザインで、ページが追加できないHP

・誰にお問い合わせしてほしいのかなど、目的が定まっていない

・自ら積極的にHPに関わっていない

 

以前他社で制作したHPは、まさに作り切りのHPでした。

作って終わりのHPなので、ずっと内容が変わりません。

内容が変わっていないので、情報が古いままなのHPは″リアル感″がなくお問い合わせしづらくなります。

 

目標設定も、誰に、どんな問題解決ができるかなど具体的に定まっていませんでした。

大体なので営業範囲、検索キーワードも広くなり、せっかく作ったHPが見てもらえない状態です。

見てもらえないHPなら、モチベーションは低くなりHPに興味はがなくなっていきます。

 

現場が忙しくなってくると、HPに関われる時間が無くなりほったらかしになってしまいます。

これは、お問い合わせがない業者によくあることですが、一番やってはいけないことです。

どんなサービス業でも言えますが、オーナーがほったらかしにしているお店は人気がありません。

改善をまずやる!

お問い合わせがない″原因″があるなら、それを改善すればいいだけなんです。

・HPにWordpress(CMS)を入れてページを追加できるようにする

・営業範囲を狭くして、勝てるところで勝負する

・週に1回は更新するなどノルマを決める。出来ないならお願いする

他にもありますが、できることを″まずやる″ことが大事です。

 

今やHPにWordpressを導入することは必須です。

施工事例やブログなど、自分で更新ができますのでどんどんページを増やすことができます。

ページを増やすことができるので、コンテンツが増え閲覧数が自然と増えます。

閲覧数は″見込み客″の数になるので、それだけお問い合わせの確立が高くなっていくんです。

 

千葉市のお客さんが、川崎市の業者に見積もり依頼をすることはまずないです。

逆に千葉市まで現地調査に行くのは非効率です。

営業範囲が広くなれば、それだけライバル塗装業者も増えます。

「俺は営業は強いから問題ない」と自信があっても、戦う相手は少ないほうがいいです。

敵が少なければ、お問い合わせ率も高くなります。

勝てるところまで営業範囲を狭めて、まずはその地域で1番になることが大事なんです。

 

「週に1回必ず更新をする!」など決めごとにして、新しい情報をHPに載せましょう。

決めごとにしてしまえば、やるしかありません。

疲れていたり、気がのらないなどあれば、短い文章でもいいと思ってやりましょう。

驚くことや凄く良いことを書かなければいけないと思うと、難儀になります。

施工写真に対して、どんな工事でこんな意味があるでも良いです。

下塗り作業。シーラー塗料を塗ることによって、中・上塗りと塗装面の密着性を高める役割

施工の説明なら、考えることはないのでスラスラ書けるでしょう。

書いているうちに、気分がのってきて多く書けることだってあります。

それでも自分でできない場合は、スタッフでローテションで更新したり、外部にお願いしても良いと思います。

大事なのは更新ノルマをしっかり守り続けることです。

素直に集客できることを淡々とやるだけ

T業者が今でも自社案件を増やし続けているのは、過去の間違いをすぐに改善したことだと思います。

集客できない事をずっとやり続けても、お問い合わせはないままです。

本気で自社案件を増やしたいと思う気持ちがあったから、変わったんだと思います。

そして“実績のある集客方法“を素直に淡々と続けていたので、自社案件を増やしているんだと思います。

多くの情報が飛び交うなかで、“本物の情報“を素直に聞き入れ実践してきたから、お問い合わせが続いているんだと思います。

余計なことは排除して“実績のある集客方法“と“本物の情報“を素直にただ淡々とやるだけで、お問い合わせは格段にあがります。

 

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top