外壁塗装ネット集客の凄ワザ!

メッシ級職人を雇え!職人不足は解決する!

サッカー選手のネイマールが、パリ・サンジェルマンに移籍したニュースは驚きましたね。

移籍金は約290億だそうです。

これは、職人不足解消のヒントになるかもしれません。

職人募集はサッカーの移籍と同じ

チームを強化することは、クラブにとって必要です。

リーグ優勝のために、高い移籍金を払ってスタープレイヤーを連れてくることは当然です。

塗装会社も、腕がいい職人を採用することは会社の利益につながります。

・施工の質が上がり、工期が早くなる

・元請け、お客さんの評価が上がる

・若手、ベテラン職人のモチベーションが上がる

 

一級塗装技能士など資格、経験豊富な職人が多くいれば、現場施工の質が上がります。

技術的なことで、他の塗装業者との差別化ができます。

雨天にもよりますが、工期は断然早くなりスケジュールも組みやすくなります。

 

施工完了後の仕上がりにも違いがでます。

見た目にも感動を出すことは、高い技術が必要なんです。

感動は元請け、お客さんの大満足となり、信用安心で口コミが増え、紹介など案件数が増えます。

 

メッシ級の職人がいるだけで、若手、ベテラン職人のモチベーションにつながります。

圧倒的な施工技術に、若手は学ぶことができ成長が早くなります。

マンネリ気味のベテランにも刺激があり、技術の競争につながります。

それが会社全体のレベルアップにつながっていくんです。

メッシ職人に来てもらうには最高給料を出す

腕がよく人が良い職人は、塗装業界に1%未満しかいないと言われています。

その中でも、違いが出せるメッシ級の職人はほとんどいません。

ましてやメッシ職人が、求人募集で応募してくることは皆無です。

だって、今の会社が高い給料でガッチリ捕まえているからです。

当然ですよね。

そんなメッシ職人を移籍させるには、最高給料を出すしかありません。

某有名塗装会社は、一人の職人に年収1500万出しています。

バルセロナ会社にするか、レアル会社にするか

今後、メッシ職人やCロナウド職人をいかに雇用していくかが会社の存続につながっていくと断言します。

募集しても来ないので、ここは2つをおすすめします。

バルセロナのように若手から育てていくか、レアルのように移籍で集めるかです。

バルセロナ会社なら時間は掛かりますが、会社の理念、目標を浸透させたチーム作りができます。

メッシ職人を軸に若手からベテランまで、技術や経験など高いレベルの会社を維持し続けます。

高いレベルの会社を維持し続けることで、売り上げはどんどん上がります。

職人に1500万払う某有名塗装会社は、バルセロナのチーム作りを感じます(笑)

 

予算が出せて早く会社を強化していくなら、レアルのようなチーム作りです。

Cロナウド職人を雇用するには、他社からヘッドハンティングするしかありません。

ただここは、情報が重要になります。

資格の有無、経験や実績、評判をかき集めなければいけません。

そこでCロナウド職人だと思えば、最高の条件を提示しましょう。

そうなればレアルのように、実績、売上につながります。

レベルの高い職人が報われる塗装業界にするべき

佐川急便の週休3日制や飲食業の深夜営業中止など、他業種の働き方改革の影響で塗装業界で働く人材はどんどん出ていき少なくなっています。

塗装業界も働き方改革をするべきです。

それはレベルの高い職人が、賃金でしっかり評価される塗装業界にするべきだと思います。

努力して頑張っているレベルの高い職人が報われるようにすることで、人材の流れを塗装業界に戻すことにつながると思います。

努力し高い施工技術で評価され、高い年収につながるという目標は、若い世代にとっても魅力です。

頑張れば評価される塗装業界になれば、人が集まり技術の競争で全体のレベルが上がります。

塗装業界全体のレベルが上がれば、人手不足解消、塗装会社の売上利益につながるんです。

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top