ブログ

自分の時間は自分でコントロール

自分の時間は自分でコントロール

独立して4年目になりますが、改めて良かったことがあるんです。

その中の一つに『時間を自分でコントロールできる』ことではないでしょうか。

サラリーマン時代にあった意味のない決まり事がなくなり、自分の時間を効率に使えることは非常に有意義なことです。

このことは、『受ける、待つ』という受け身型が非常に苦手な僕からすると合っていると思います。

受け身型とは相手の都合で身動きが取れない状態や進めない事があることです。

これは非常に窮屈で束縛感がハンパなく感じます。

そうではなく、積極的に自分の都合をどんどん入れていくべきなんですね。

楽しいこと、面白いと思うことを早め早めにスケジュールに取り入れいくとこで、毎日の充実感は大きいと思います。

自由と責任はワンセット

時間を自分でコントロールできることは、はっきり言って自由があります。

一日のスケジュールを自分で決めて行動する。

自分が自分を束縛することになりますが、意外と気になりません。

例えば、APOが夜遅くても土日祝祭日でも自分が決めたことなので納得できる行動になります。

他にも、この日は家族と出かけるから休む、この時間はジムに行くからAPOは入れないなど、

時間を上手くそして積極的に使っていくことです。

多分人って、他人に束縛されるのが嫌なんだろうと思います。

しかしこの自由な時間の使い方には責任があります。

事業を続けているので、売上がなければ続けていけません。

自由の中には、重くのしかかるプレッシャーと毎日付き合わなければいけないんです。

自由と責任はワンセットなんですね。

責任を感じているからこそ、無駄な時間を浪費したくないそんな行動にでるんですね。

それは自然とシンプルな思考になるからだと思います。

自分の時間は自分でコントロールする。

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top