外壁塗装のホームページ制作と集客ならゆいまるWeb

外壁塗装のホームページ制作と集客ならゆいまるWeb

外壁塗装で独立を勝ち取る!下請けからの脱出ガイド

あなたは、仕事の利益率に満足していますか?

現在多くの塗装業者が下請けの立場で、厳しい競争と低利益率のジレンマに直面しています。

もしあなたが、より安定した収入を求め、自社のブランドを構築したいと考えているなら、今こそ行動の時です。

しかし、具体的にどのように下請けの立場から脱却し、自立したビジネスを築くことができるのでしょうか?

この記事では、外壁塗装業者が直面する現実を理解し、効果的な戦略を立てるための実践的なアドバイスをお伝えします。

 

この記事を書いた人

代表 山縣
ゆいまるWebの山縣(やまがた)です。外壁塗装HP集客専門です!
InstagramやX(Twitter)、YouTubeでも集客情報を発信中!ぜひチェンネル登録して最新の情報を獲得してください!
↓↓↓

1. 塗装業界の現実と下請けの課題

外壁塗装業界は、ライバルが多数いる非常に厳しい市場環境です。

この業界で生き抜くということは、その厳しい環境の中で絶えず挑戦を続けることを意味しています。

下請け業者の場合は特にそうですが、激化する競争と伸び悩む収益率の縮まりに多くの方が直面しているのではないでしょうか。

大手や元請けからの仕事が継続的にあるならば、仕事量はある程度安定しています。

一方で、仕事量に反して、その利益率はしばしば期待とはかけ離れた水準に留まることも多いものです。

原因としては

・職人不足による人件費の高騰
・物価の高騰で材料費が高い
・保険完備や2024年問題のコスト

これは、価格競争によって受注価格が抑えられるためであり、この結果、極めて厳しい予算内で質の高い仕事を提供しなければならないというプレッシャーが生まれます。

さらに、工期のプレッシャーも下請け業者の大きな課題です。

元請けからは厳しい工期を突きつけられることも少なくなく、その要求に応えるには迅速な作業が求められます。

しかし、迅速さを求めるあまりに品質が犠牲になるようでは本末転倒です。

品質低下はただちに顧客満足度の低下につながります。

品質とスピードのバランスを取らなければならないため、下請け業者にとっては常にチャレンジングな状況が続くと言えます。

このような状況において、下請け業者が自立し、自らのビジネスを成長させる道を見つけることは簡単ではありません。

だからといって、成功を収めることが不可能ということは決してありません。

そこで、この厳しい市場環境を乗り越え、自立へ向けての第一歩を踏み出すための心構えと戦略を探っていきます。

 

2. 下請けを脱却するための戦略


外壁塗装業界において下請けからの脱却と自立を目指すには、単に技術力を高めるだけでは不十分です。

脱却への第一歩として、業者はまず自らの心構えを見直し、効果的な戦略を構築する必要があります。

最も重要なのは『信頼の構築』です。顧客との信頼関係は、長期的なビジネスの成功に不可欠であることは言うまでもありません。

なお、この「信頼」には、工期を守ることはもちろんのこと、期待を超える施工品質の仕事を提供することも含まれます。

また、顧客のニーズを捉え、そのニーズに沿ったサービスを提供することも肝要です。

その結果、信頼関係が築かれると、リピーターや、さらには、そのリピーターの口コミによる新規顧客獲得にもつながります。

次に、マーケティング戦略の強化が必要です。デジタル時代においては、オンラインプレゼンスを高めることが重要となります。

具体的には、ウェブサイトやSNSの活用が効果的です。

それらを駆使し、自社の強みとサービスを明確に伝え、潜在顧客にアピールすることを心がけましょう。

さらに、ローカルエリアでの認知度を高めるために、Googleマップを活用した地域密着型のマーケティングも考慮したいところです。

このように、信頼関係の構築とマーケティング戦略の強化は、下請けからの脱却を目指す外壁塗装業者にとって不可欠なステップです。

自立への道は簡単ではありませんが、確固たる戦略と実践的なアプローチにより、目指す目標に近づくことができます。

それでは、具体的な戦略について、以下で詳しく解説しましょう。

 

3. マーケティングとブランディング


外壁塗装業者が市場で際立つためには、ただ単に優れたサービスを提供するだけでは十分ではありません。

自社の独自性を市場に示し、顧客の印象に残るブランドを構築する必要があります。

この過程では、マーケティングとブランディングが重要な役割を果たします。

マーケティングでは、まず自社のターゲット市場を明確に特定することが重要です。

例えば
・営業地域
・年代
・家族構成
・一回目の塗替えか二回目か
・何に不満や不安を感じているか
・安かろう悪かろうが嫌
・安くて不満より高くても満足したい
・家の資産価値を維持したい

など、顧客にどんなサービスを提供したいのか、その顧客が何を欲しているかを理解することで、マーケティング戦略の効果をより高めることができます。

ブランディングにおいては、自社のアイデンティティと価値提案を明確にし、それを一貫して伝えることがカギとなります。

ブランドのロゴ、ウェブサイトのデザイン、広告のトーンなど、すべてにおいてこのアイデンティティが反映されるべきです。

たとえば、環境に配慮した塗料の使用や独自の技術に重点を置くことで、自社ブランドを際立たせることができます。

その際、ブランドストーリーを作成し、それを顧客とのコミュニケーションに活用することも効果的です。

企業の歴史、使命、ビジョンを伝えるストーリーは、顧客との感情的な絆を築くのに役立ちます。

地域社会への貢献や家族経営の歴史など、企業のユニークな側面を前面に出すことで、顧客の記憶に残りやすくなります。

 

4. デジタルツールの活用


現代の塗装業界において、デジタルツールの活用は極めて重要です。

特にウェブサイトとSNSは、ブランドの認知度を高め、新しい顧客を獲得するための強力な手段となり得ます。

4.1.ウェブサイト

まず、ウェブサイトは、あなたのビジネスの顔として機能します。

シンプルかつ魅力的でユーザーフレンドリーなウェブサイトは、潜在顧客に対し塗装のプロフェッショナルな印象を与え、サービスの詳細を効果的に伝えることための重要なツールです。

ウェブサイトに掲載する内容としては、施工事例や顧客の口コミ、使用する塗料の知識や技術の説明などがあります。

また、SEO(検索エンジン最適化)を意識したコンテンツ作りによって、検索上位表示を高めることが重要です。

ウェブサイトの制作については、自力で行うか、塗装専門の制作会社に依頼するかの選択になります。

自力でウェブサイトを作成する場合、WordPressのようなユーザーフレンドリーなプラットフォームを利用するのが一般的です。

WordPressのようなCMS(コンテンツマネジメントシステム)は、初心者でも比較的容易に基本的なサイトを構築できるように設計されています。

しかし、より洗練されたデザインや高度な機能を望む場合、初心者がそれを自力で実現するには時間も労力もかかることは否定できません。

一方、塗装専門のウェブ制作会社に依頼すれば、より洗練されたウェブサイトを容易に作成できます。

制作会社はデザイン、ユーザー体験、SEO対策など、多岐にわたる専門知識と技術を持っているからです。

もちろん費用はかかりますが、長期的な視点で考えると、非常に有益な投資と言えるでしょう。

集客に重点を置きたい場合や、競合他社との差別化を図りたい場合には、最初からプロに外注するという選択がおすすめです。

4.2.SNS

SNSは、顧客と直接的な関係を築き、コミュニティを形成するためのツールです。

・X(旧Twitter)
・Facebook
・Instagram

などのプラットフォームを活用して、更新情報、特別オファー、業界ニュースなどを定期的に共有するといったアイデアが考えられます。

また、視覚的なインパクトが強いInstagramは、完成した塗装プロジェクトの写真を共有するのに最適です。

SNSに関しては、比較的低コストで初心者でも容易に運用可能です。

ただし、プライベートなアカウントではないので、気が向いたら投稿するというスタイルでは期待する効果は望めません。

定期的な投稿計画を立て、業務の進行状況や完了した施工事例の写真を共有することが効果的です。

また、地域コミュニティに関わるイベントや活動を紹介することで、地元での存在感を高められます。

なお、SNSはコミュニケーションツールであることが基本ですから、ユーザーからのコメントや質問には迅速に反応することが重要です。

フォロワーと積極的にコミュニケーションを取ることでブランドの人間らしさを示し、信頼を築きます。

 

5. アクションプランの策定


マーケティングとブランディングの重要性、ウェブサイトとSNSの効果的な活用方法について解説しました。

次は、これらの基盤の上に立ち、実践的なアクションプランのを策定と、その具体的な展開の仕方を見ていきます。

まず、核となるのはターゲットとなる顧客層を明確に特定し、その市場を徹底的に分析することです。

これにより、どのようなサービスが求められているか、顧客のニーズや好み、競合他社との比較など、市場の深い理解を得ることができます。

たとえば、SDGsへの関心が高い顧客をターゲットにする場合、環境に優しい塗料の使用や持続可能な施工方法などがアピールポイントとなります。

次に、市場分析にもとづき、自社の強みと独自性を前面に出した戦略を展開します。

これは、先に構築したブランディング戦略と連携し、自社のアイデンティティを顧客に伝えることが目的です。

たとえば、特殊な塗装技術や独自の仕上げ方法、顧客サービスの質を強調することで、競合他社との差別化を図ります。

こうしたアクションプランは、デジタルツールの活用と相乗効果をもたらすものです。

ウェブサイトやSNSは、これら差別化されたサービスやアイデンティティを効果的に市場に伝え、顧客との関係構築に貢献します。

結果として、より強固な市場ポジションを築き、下請けからの脱却へとつながる一連の戦略を実現できるのです。

 

まとめ

外壁塗装業での下請け脱却は、一夜にして達成されるものではありません。

しかし、この記事で紹介した各ステップを踏んで実践していくことで、長期的には自社のビジネスを大きく成長させ、市場における独立した地位を確立できるでしょう。

重要なのは、明確な目標顧客の特定、効果的なマーケティングとブランディング戦略、それにデジタルツールを駆使した顧客との関係構築です。

これらの要素は相互に関連し合い、強固なビジネス基盤を築くためには一貫性と持続性が求められます。

変化はすぐには現れないかもしれませんが、着実に一歩ずつ進むことが成功への鍵です。

無料で実際に塗装業者の売上になった集客方法をプレゼント!

塗装業者の方で『これからHPを制作したい』『HPがあるけどお問い合わせがない』など悩んでいませんか?
実際に売上になった数多くの集客方法から、特選して6つだけ教えます。
  • 塗装業者が絶対やってはいけない3つのHP制作
  • この3つをやるだけで集客できる!

このE-bookは、パートナー業者に集客させ続けることができたノウハウを解説しています。
この機会に、あなたの集客になるようにお役立てください。


お名前 *
メールアドレス *

ダウンロードボタンを押すと自動返信メール中に、E-bookのダウンロード用URLが記載されています。 ※登録頂いたメールアドレスは、いつでも解除することができます。

無料で実際に塗装業者の売上になった集客方法をプレゼント!

HP制作、集客のご相談はこちら

全国対応です
お問い合わせ後のしつこい営業は一切しません

044-987-7530 メールフォームはこちら

※お問い合わせ以外の営業電話、メールは固くお断り致します。

集客実績のあるサービスメニュー

044-987-7530