外壁塗装専門のホームページ制作や集客ならゆいまるWeb

外壁塗装専門の集客できるホームページ制作

このまま塗装下請けを続けて大丈夫?下請けのリスクを分析してみよう

147 views

あなたは下請けを続けるリスクを考えたことはありますか?

下請けのリスクを分析しないと、元請けに大事な人生を搾取されますよ。

価格競争に巻き込まれるデメリットを常に抱える

一般住宅にせよ大規模施設にせよ、定期的に塗り替えが必要なので、外壁塗装の仕事は全国的に多くあります。

 

しかし、それと同時に工事を請け負う塗装会社も多いので、競争が激しくなっているのが現状です。
塗装業者の多くは、塗料メーカーや住宅メーカー、工務店などから仕事をもらう下請けがほとんどです。

 

営業をしなくても仕事が入るというメリットはありますが、デメリットもたくさんあるんです。
塗装下請けを続けるデメリットの一つとして大きいのが、価格競争に巻き込まれることが多いという点です。

 

下請けとして働きたいという塗装業者は多いので、どうしても元請けの力が強くなります。
元請けとしては、できるだけ安い見積もりを出すことができれば、それだけたくさんの顧客を獲得できます。

 

そして、より安く工事を行うことができれば、利益も大きくなります。

 

そのため、安い受注価格、安いコストで仕事を終わらせようと考えます。
このしわ寄せは、ほとんどが下請けのあなたに来るものです。

 

元請けとしては確実に利益が出るようにしか仕事を組みませんので、できるだけ安い予算で下請けに仕事を振ります。

 

そうなると、下請け業者は低予算で仕事を請けざるを得なくなりますので、経営が安定しなくなるんです。

男「最近安い仕事しかないな・・・」

施工方法などの自由度が低いという問題を抱える

下請け業者といっても、経験と技術を持つ職人ですので、仕事の進め方や仕上がりのレベルは気を使います。

 

そのため、自分で仕事を選ぶことができないというジレンマを抱えることになります。
工期が短く設定されているため、きちんと丁寧に仕事をしたいと思っても、追い付かないこともあります。

 

使いたい塗料があっても、予算の関係で質が低めの塗料を使わざるを得ないこともあるでしょう。

 

納得の行く仕事ができないものの、下請けという立場にあるため、その中で我慢するしかないという経験は誰でも感じます。

 

また、大きな工事現場となると、自分たちだけでなく他の業者も入ることがあります。
マンションの塗り替えや、倉庫の塗装などがその一例です。

 

そのような場合は、現場で統一された施工方法と手順に従うことになります。
いつもやっている自分たちのやり方では進められないこともありますので、やりづらさを感じます。

 

また、安全基準や利用する工具や装備などについても、厳しいルールが決められていることも少なくありません。
そうなると、普段通りの流れで仕事ができず、スムーズに作業がはかどらないという事態に陥ります。

 

どうしても、自由度の低い工事のやり方を続けるしかなくなって、フラストレーションが溜まってしまうのです。

男「大規模ってめんどくさい」

元請けの経営状況に大きく左右されてしまうことがある

塗装下請けの仕事をしている場合、元請けから回ってくる現場でほとんど手一杯ということが多いものです。

 

受注価格もそれほど高くないため、元請けから来る仕事を回すために必要な人数だけを揃えるので精一杯でしょう。
これが、いつも続き、仕事がずっとあるというのであれば問題ありません。

 

しかし、元請けの業績が悪くなると、ダイレクトにその影響を受けてしまうのが下請けです。
自前では営業活動を行っていませんので、元請けからの仕事が減ってしまうと、経営が成り立たなくなってしまうのです。

 

元請けは、受注が減ったら単に下請けに仕事を出さなければいいだけで、大きな痛手というほどではありません。
しかし、下請けの場合は、新たな仕事がないと定常的な人件費だけでいっぱいいっぱいになってしまうのが普通です。

 

元請けに頼り切ってしまうことのリスクとも言えます。

 

最悪のケースとしては、元請けが倒産してしまったり、方針を変えて下請け業者を変更したりすることが考えられます。
下請けは弱い立場にありますので、元請けから仕事を切られてしまっても、できることはかなり限られています。

 

また、元請けが倒産してしまうと、新しい仕事が入らなくなるだけでなく、前月までに行った工事の代金を受け取れない可能性も高くなります。

 

こうした事態を避けるためにも、ある程度自分で営業活動を行い、自前の顧客を確保できる手段を持つのは賢いことです。

 

もちろん、100%自前で顧客を確保することができないにしても、少しずつ下請けとしての仕事を減らしていき、依存度を軽くしていけるでしょう。

 

そのための一つの方法として使えるのが、自社の集客用ホームページを作り、そこから顧客を得るというものです。

 

集客用ホームページ制作の利点は、営業スタッフを何人も抱えなくても、サイト経由から仕事を受注できるという点で、リスクが少ないことにあります。

 

会社の将来のことも考えて、こうした営業方法についても検討してみましょう。

この記事を書いた人

代表 山縣
外壁塗装HP集客専門です!全国にパートナー業者が50社以上います!あなたも下請け脱却しませんか?

HP制作、集客のご相談はこちら
全国対応です
お問い合わせ後のしつこい営業は一切しません

044-987-7530 メールフォームはこちら

実際に塗装業者の売上になった集客方法を無料でプレゼント!

塗装業者の方で『これからHPを制作したい』『HPがあるけどお問い合わせがない』など悩んでいませんか?
実際に売上になった数多くの集客方法から、特選して6つだけ教えます。

  • 塗装業者が絶対やってはいけない3つのHP制作
  • この3つをやるだけで集客できる!

このE-bookは、パートナー業者に集客させ続けることができたノウハウを解説しています。
この機会に、あなたの集客になるようにお役立てください。
E-bookをダウンロードして頂いた方には特典も付けています。


お名前 *
メールアドレス *

ダウンロードボタンを押すと自動返信メール中に、E-bookのダウンロード用URLが記載されています。 ※登録頂いたメールアドレスは、ご希望時にいつでも解除することができます。

実際に塗装業者の売上になった集客方法を無料でプレゼント!

集客実績のあるサービスメニューはこちら

自社物件を増やせる塗装HP制作

集客したお客様の声

相談多数!個別コンサルティング