外壁塗装のホームページ制作と集客ならゆいまるWeb

外壁塗装のホームページ制作と集客ならゆいまるWeb

塗装業で独立するには?必要な準備や独立後の集客方法について解説

あなはた独立したいと考えていますか?

外壁塗装業は、独立して開業する人が比較的多い業種であることをご存じでしょうか。

ただ、独立する方が多いとはいえ、簡単に独立できて問題なく事業が軌道に乗るものではありません。成功するにはきちんと準備することが重要です。

そこで今回は、外壁塗装業で独立を検討すべきタイミングや必要な準備などを解説していきます。

現在、外壁塗装の職人として働いていて将来独立したいと考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

独立のタイミング

外壁塗装業に従事している方が独立して成功するためには、適切なタイミングが重要になります。

たとえば、塗装を初めて3ヶ月など極端に早すぎると、知識や技術不足で品質の悪いサービスを提供してしまう可能性があります。

最初にすべき準備として、独立のタイミングを検討することが大切になるのです。

 

仕事が一通りできるようになったとき

仕事が一通りできるようになり、さまざまな現場で経験を重ねた実績と自信がついたら独立を検討してもよいでしょう。

早い方で3年、一般的には7~10年ほど外壁塗装会社の職人として経験を積んでから独立する方が多い傾向にあります。

 

勤務先の考え方や価値観と合わなくなったとき

一口に外壁塗装業者といっても、事業規模の拡大を目指す業者もあれば、地域密着型で充実したサービスを届けることに注力しようとする考え方の業者もあります。

仕事をしていくうちに勤務先との考え方が合わないと感じたときも、独立を検討するタイミングの一つです。ただ、考え方が合わないといってすぐに辞めるのではなく、勤務先と話し合って円満に退社するようにしましょう。

独立したとしても業界は同じであるため、けんか別れのような状態で退社するのはおすすめしません。

 

勤務先の会社に将来性を感じなくなったとき

勤務先に対して、将来性を感じられなくなったら独立を検討するタイミングといえます。

たとえば、
・依頼された仕事をこなすだけで、先のことを考えた行動をしていない
・相談・依頼件数が減少している
・経営者が遊びに走ってしまう
・給与の支払いが遅れることがある

このようなケースが発生すると、将来性を感じられなくなるでしょう。

将来性が感じられない職場では常に不安を感じてしまううえに、急に倒産して職を失うリスクもあるため、独立を検討してもよいでしょう。

 

ライフスタイルが変化したとき

結婚や出産などでライフスタイルが変化し、独立を検討することもあるでしょう。

とくに給与が低いと感じていたり、休日出勤や残業が多かったりと現状に不満を感じている方に多い傾向にあります。

ただ転職をしたり、責任者を目指して給与アップを目指したりと独立以外の選択肢もあります。

ライフスタイルの変化も独立のきっかけにはなりますが、あくまで選択肢の一つとして検討するのがおすすめです。

 

独立するための準備4選

ここでは、独立するために必要な準備について解説します。

資格

外壁塗装業で独立する際、資格が必要になるわけではありません。

ただし、外壁塗装に関連する資格を取得しておくことで、信頼を得やすい点はメリットになるでしょう。
他社と比較された際、有資格者という安心感を与えられて契約を獲得できる可能性があります。

国家資格にあたる塗装技能士や民間資格の外壁診断士など取得を目指すのがおすすめです。

 

開業資金

開業資金も独立するうえで欠かせない準備の一つです。

外壁塗装業として開業する場合、ホームページの制作費やチラシ代など集客にかかるお金はもちろん、工具や車両を準備する必要もあります。

開業資金は「自己資金でまかなう」「融資を受ける」の2つがあり、自己資金を使う場合は数年前から独立を見据えて貯めておく必要があります。

一方、事業計画書などの準備が必要になりますが、日本政策金融公庫の創業融資などを使う方法もあるため、自分に合う方法を選択することが大切です。

 

工具と作業車

作業に必要な刷毛やローラー、パッチ缶、養生道具などの基本的な工具に加え、プリンターや契約書の作成に必要な印鑑などの備品も準備しなければなりません。

ただ、高圧洗浄機やコンプレッサーなど一部の機械に関しては、建設用のレンタル会社から借りられるので、初期費用を抑えたい場合はレンタルを検討するのがおすすめです。

また、独立前は勤務先の車両を使うケースが多いため、作業車も準備する必要があるでしょう。

 

人材

一人親方として開業するケースが多いですが、会社の規模を大きくしたり、売上を伸ばしたりするには人材採用と育成が欠かせません。

塗装業界は人手不足になっていることもあり、人手が必要になったらすぐに人材を確保できるとは限りません。

また経験の浅い人材であれば、育成していく時間も必要になります。

そのため、現段階では採用する必要がないとしても、将来的に事業規模の拡大を目指すなら早い段階で人材の確保・育成をしていくことも必要な準備といえます。

 

開業した後の集客方法

独立した後、安定させるのが難しいポイントです。ほとんどの方が、まずは下請けから始めます。

その後直接自社で請けられるようしていきましょう。

ここでは実践すべき集客方法について解説します。

 

チラシ・ポスティング

小規模で地域密着型経営をしている外壁塗装業者におすすめなのが、チラシやポスティングです。

あまり費用をかけずにできる広告手段であることに加え、施工エリア・一戸建てなどターゲットを絞って配布できるのも魅力です。

チラシは塗装が必要がどうかを判断するために一度は目を通してもらえるため、ただ捨てられてしまう可能性が少ないのも特徴といえます。

とくにインターネットで情報収集をする頻度が少ない高齢者をターゲットにするなら、新聞折込チラシを活用する方法がおすすめです。

 

Web集客

最近では、外壁塗装業者を探すのにインターネットを活用するケースが増えており、Web集客も効果的な集客手段の一つです。

基本的なのはホームページを作成する方法で、施工実績やブログを掲載し、訪問者の疑問や悩みを解決したうえで、信頼できそうと思ってもらえるサイト設計をすることが重要です。

また「〇〇市 外壁塗装」を検索されたときに、自社ホームページが上位表示されるようにすると、顧客の目に留まりやすくなって集客につながります。

 

独立にチャレンジする

今回は外壁塗装業の独立について解説しました。

独立は不安になることがあると思いますが、ここはチャレンジです。

独立すれば自分で仕事を獲得し、収益を得ることができます。そのため、経済的な自立を手に入れることができます。

自分自身のスキルを最大限に活かすことができ、顧客との関係を構築し仕事のやり方を決めることができます。

そして最も大切な「時間をコントロール」することができます。

独立成功には多くの努力とリスクが伴いますが、それによって自己成長を達成することができるのでチャレンジしてみてください!

 

無料で実際に塗装業者の売上になった集客方法をプレゼント!

塗装業者の方で『これからHPを制作したい』『HPがあるけどお問い合わせがない』など悩んでいませんか?
実際に売上になった数多くの集客方法から、特選して6つだけ教えます。
  • 塗装業者が絶対やってはいけない3つのHP制作
  • この3つをやるだけで集客できる!

このE-bookは、パートナー業者に集客させ続けることができたノウハウを解説しています。
この機会に、あなたの集客になるようにお役立てください。


お名前 *
メールアドレス *

ダウンロードボタンを押すと自動返信メール中に、E-bookのダウンロード用URLが記載されています。 ※登録頂いたメールアドレスは、いつでも解除することができます。 ※アドレスを間違えるとプレゼントがお届けできません。半角英数字で正確にご入力ください。情報は、弊社で責任をもって管理させていただきます。

無料で実際に塗装業者の売上になった集客方法をプレゼント!

この記事を書いた人

代表 山縣
ゆいまるWebの山縣(やまがた)です。外壁塗装HP集客専門です!
X(Twitter)やYouTubeでも集客情報を発信中!ぜひチェンネル登録して最新の情報を獲得してください!

HP制作、集客のご相談はこちら

全国対応です
お問い合わせ後のしつこい営業は一切しません

044-987-7530 メールフォームはこちら

※お問い合わせ以外の営業電話、メールは固くお断り致します。

集客実績のあるサービスメニュー

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

044-987-7530