外壁塗装の集客専門!ホームページ制作ならゆいまるWeb

外壁塗装の集客専門!ホームページ制作で下請け脱却!

外壁塗装で下請け脱却して元請けになるにはWebサイト作成の集客が近道!

外壁塗装業で集客する方法には、チラシやDM、広告、ホームページなどがあります。

 

紹介やテレアポ営業で集客している会社も多いでしょう。
下請け会社であればそれでも十分な数の仕事が見込めるかもしれません。

 

しかし、下請けを脱却して元請けになろうと考えるならWebサイトによる集客が近道です。

 

このブログでは、下請けを脱却して元請けになるために、なぜWebサイトでの集客が近道なのかをご紹介します。

 

下請けを脱却して元請けになりたい方は必見の情報です。

 

 

Webサイトが必要な理由は3つある

PC

外壁塗装の会社が、下請けを脱却して元請けになるためにWebサイトが必要な理由は3つあります。

 

1.チラシや営業と違って継続的な資産となる

チラシは配ったときだけしか反応がありません。

 

また、戸建てのお客さんへの電話や訪問による営業だと、近年では詐欺会社と疑われて受注率は低くいです。

 

一方で、一度ホームページを作ってしまえば、インターネットで常に営業をかけている状態となるため、いつでも問い合わせが来るチャンスがあります。

 

特に「コンテンツ+SEO(検索エンジン最適化)」と呼ばれるWeb集客方法を活用すれば、サイトの更新にほとんど費用を使わなくても済みます。

 

毎月5件や10件といった問い合わせを継続的に獲得することが可能です。

 

2.インターネットの利用者が増えている

日本の個人のインターネット利用率は2009年で78.0%、2014年で82.8%、2019年では89.8%と推移しています。

 

普及率の増加に伴ってインターネットから外壁塗装を依頼する人も増えているため、今まで以上にWebサイトの需要が高まっています。

 

都内にある外壁塗装会社は、インターネットの集客だけで月間平均80件~120件の問い合わせを獲得し、問い合わせ数に対する成約率は約4割近くといったケースがあるほどです。

 

3.一度にたくさんの人に宣伝できる

チラシや看板広告では、新聞を購入している人や、看板がある場所を通過した人にしか宣伝できません。

 

一方で、インターネットは日本人の9割近くが利用しているため、新聞の購入有無や場所を問わず幅広い層に宣伝ができます。

 

インターネットを利用する人のほとんどが、悩みを解決したくて利用します。

 

例えば検索で

・壁のひび割れ
・壁の色あせ
・屋根雨漏り
・遮熱塗料の事例

他にもあり、多くの塗替え見込み客にアプローチができます。

 

実際に「スウェーデンハウス 施工事例」で検索してお問い合わせが来たパートナー業者がいます。

 

もちろんあります!Webサイトで集客をするデメリット

 

もちろん、集客をすることにはデメリットもあります。

 

Webサイトづくりの知識がないと何をしていいかわからないために、最初に労力がかかることです。
ホームページ制作会社に依頼する場合はお金もかかるでしょう。

 

しかし、チラシや看板広告であってもデザインの相談や依頼のために労力やお金はかかります。

 

下請けを脱却して元請けになるためには、最初に労力や費用がかかるのは避けられないのです。

 

その労力をチラシや看板広告、訪問営業などに使うか、今後も伸びるWebサイトに利用するかの違いでしかありません。

 

マッチングサイトやポータルサイトへの登録ではダメなの?

 

「自社でWebサイトを作らなくても、外壁塗装のマッチングサイトやポータルサイトを使えばいいのでは?」
このように考える方もいらっしゃるでしょう。

 

マッチングサイトやポータルサイトに登録して元請けになることは可能です。
ただし、効率的とは言いがたいです。

 

理由は、手数料が取られるためです。

なかには、「登録料」+「毎月の会費」+「問い合わせが来た際の手数料」といったように、たくさん中抜きするサイトもあります。

 

外壁塗装のマッチングサイトやポータルサイトの手数料は、1件成約するまでに売上の20〜30%程度が取られることが多いです。

 

売上から20〜30%も中間マージンを取られると、結局は下請け時と大差がない利益率になりかねません。

 

しかも、マッチングサイトやポータルサイトは相見積もりを前提としているため成約率が低い傾向にあります。
見積もりにかかる労力はチラシやWebサイトの2倍以上になるおそれがあります。

 

もちろん、マッチングサイトやポータルサイトを集客のメインにして稼いでいる会社はあります。

 

そういった会社の場合、使っているマッチングサイトやポータルサイトが無くなれば集客手段を一気に失うリスクがあります。

 

リスクの大きさを考慮したうえで、マッチングサイトやポータルサイトを利用するのか、自社Webサイトを作るのかを検討すべきです。

 

効率的なWebサイト作成を考えよう

 

効率的に下請けを脱却するなら、Webサイトの作成がおすすめです。

 

理由は、
・インターネットの需要が増えている
・継続的な資産となる
・マッチングサイトやポータルサイトよりも効率が良い

などが挙げられます。

 

ただしWebサイト作成、集客するには知識と技術と経験が必要です。

 

自社で対応できないのであれば、外壁塗装のホームページ作成集客が専門であるゆいまるWebにご相談ください。

 

「下請けでホームページを作ったら何をすればいいの?」

このような疑問を抱いた場合は、下請け塗装業者はホームページ集客で元請けに大変身!もご覧ください。

下請けからホームページ集客で元請けになった方法をご紹介しています。

この記事を書いた人

代表 山縣
外壁塗装HP集客専門です!全国にパートナー業者が60社以上います!あなたも下請け脱却しませんか?

HP制作、集客のご相談はこちら
全国対応です
お問い合わせ後のしつこい営業は一切しません

044-987-7530 メールフォームはこちら

実際に塗装業者の売上になった集客方法を無料でプレゼント!

塗装業者の方で『これからHPを制作したい』『HPがあるけどお問い合わせがない』など悩んでいませんか?
実際に売上になった数多くの集客方法から、特選して6つだけ教えます。

  • 塗装業者が絶対やってはいけない3つのHP制作
  • この3つをやるだけで集客できる!

このE-bookは、パートナー業者に集客させ続けることができたノウハウを解説しています。
この機会に、あなたの集客になるようにお役立てください。
E-bookをダウンロードして頂いた方には特典も付けています。


お名前 *
メールアドレス *

ダウンロードボタンを押すと自動返信メール中に、E-bookのダウンロード用URLが記載されています。 ※登録頂いたメールアドレスは、ご希望時にいつでも解除することができます。

実際に塗装業者の売上になった集客方法を無料でプレゼント!

集客実績のあるサービスメニューはこちら

自社物件を増やせる塗装HP制作

集客したお客様の声

相談多数!個別コンサルティング

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)