外壁塗装の集客専門!ホームページ制作ならゆいまるWeb

外壁塗装の集客専門!ホームページ制作で下請け脱却!

集客で押さえておきたいポイントとは?

あなたは、ホームページを出しちゃえば、何にもしなくてもお問い合わせがくると思いますか?

 

正直、何にもしないとお問い合わせはきません。

 

集客とマーケティングを学び、その概要を理解して新たな取り組みを始める事が重要です。

 

本記事では、集客とマーケティングの関係性や重要性を説明し、集客施策についてのポイントを解説したいと思います。

 

集客とマーケティングについて

①集客とは

集客とは文字通り顧客を集める事で、近年では実店舗と合わせて自社のWEBサイトに顧客を集める事も含めています。

 

②マーケティングとは

一方のマーケティングは、商品の開発から販売、広告宣伝などの一連の流れのことを指し、売れる仕組みそのもの」を構築し顧客に働きかけていく行為を指します。

 

③集客はマーケティングの重要な要素の一つ

集客出来ても、必ずしも売り上げ(契約)が上がると言うものではありません。

しかし、集客出来なければ売り上げが上がらない事も事実です。

すなわち集客=マーケティングではなく、集客はマーケティングの重要な要素の一つです。

 

集客やマーケティングが大切な理由

集客やマーケティングは、近年では従来にも増して重要です。

 

理由はインターネットの普及が要因と言えます。

 

誰しもが簡単に情報にアクセスできる様になり、各会社の商品やサービスを比較検討し購入する様になっているからです。

 

ただ良い商品やサービスを作りさえすれば、購入に繋がると言う時代ではなくなっています。

 

ましてや戸別訪問で仕事の獲得に結びつける塗装業界の古いスタイルは、意味のない時代になったと言えます。

 

塗装業者が優れた施工技術を持っていても、しっかりとマーケティング戦略を考え、それに則った集客施策を講じなければ仕事の獲得が出来ないのです。

 

オフラインとオンラインでの施策

集客方法としてインターネットを介したオンラインと、インターネットを使わないオフラインの方法があり、一般的には下記に示す様な施策が知られています。

 

①オンラインでの集客方法

・Googleなどの検索エンジンの上位表示からWEB集客を図る方法
・TwitterやInstagramなどのSNSを利用して集客する方法
・メールマガジン等によるメールによるユーザーアプローチで集客を図る方法
・Googleなどの検索結果の上部に広告表示するリスティング広告による集客方法

 

②オフラインでの集客方法

・テレビやラジオなどのCMを活用して集客する方法
・新聞折込みチラシなどで集客する方法
・商品やサービスに関連するセミナーを開催して集客する方法

 

集客施策で重要な5つのポイント

前項の集客方法を全て実施すると言うのではなく、次項に示す5つのポイントを考え、自社に最適でかつ費用対効果の高い施策を導入する事が必要です。

 

①目的を明確化する

集客を行うのは顧客を獲得するためですが、詳細に目的を考える事が大切です。

 

独立して塗装業を始めて間もない時期で、下請け仕事からの脱却を目指しているなら、「早期に自社独自での受注」が目的となります。

 

一方で、自社での安定受注は出来ているが、中期的にさらに顧客を増やし、事業拡大を目指す場合は「中期的な事業拡大」が目的となります。

 

集客の目的を、とことん絞り込んで明確化する事が重要です。

 

②ターゲットを明確化する

情報収集や意思決定の方法は、年齢によって異なる傾向があります。

 

若い世代は直接ネット検索し、比較検討して購入の意思決定をするケースがほとんどです。

 

一方で高齢者は、ネット検索はするものの、若い世代に比べると地域の口コミや新聞の折り込みチラシの情報がまだ強いと言えます。

 

訪問して施工できるエリアが限られているため、商圏とするエリアの世帯主の世代を把握しターゲットを設定する必要があります。

 

③HPから情報発信する

塗装業もホームページを開設し、自社の強みやPR、顧客にとって有益な情報発信を行う事は必須です。

 

他のオンラインやオフラインでの集客方法と連携も取りやすいので、顧客に詳細に届ける事ができます。

 

「早期に自社独自での受注」が目的の場合には、ブログや施工例で技術や知識の高さを訴求することから始めれば良いでしょう。

 

「中期的な事業拡大」が目的の場合には、さらに顧客にとって有益な情報を発信し続け、将来の見込み客の獲得を目指しましょう。

 

④集客方法を精査・検討する

上記の目的とターゲットを明確化した上で、集客方法と精査・検討をしていきましょう。

 

訪問できるエリア内での古い住宅街と新興住宅街の比率や世帯主の年齢層を分析し設定する。

 

例えば「早期に自社独自での受注」が目的の場合には、即需要がある古い住宅街にチラシを入れ、ホームページへの誘導や来訪相談に直接結びつける施策が考えられます。

 

昔からの古い住宅街には高齢世帯が多く、チラシの有効性がまだまだ高いからです。

 

またこうしたターゲット顧客は、地域での口コミも有効で丁寧な施工で信頼を得れば、口コミで近隣に宣伝してもらえるメリットも考えられます。

 

一方で「中期的な事業拡大」が目的の場合には、今すぐ塗装が必要な顧客でない新興住宅街をターゲットにしましょう。

 

ホームページで塗装の必要性を訴求し、遮熱塗料でエアコン代が節約できるなど若い世代にとって有益な情報も発信し続け、見込み客を囲い込むと言った施策も考えられます。

 

⑤集客方法は必要に応じて見直しを行う

上記の①~④により、集客方法を構築した後も、その効果を正しく評価し修正する事も大切です。

 

施策に効果があった場合には、それを進化・拡大する方法を追加検討すべきです。
効果が期待したほどでなければ、その要因を考え施策の転換を考える必要があります。

 

当初講じた集客方法が、奏功した場合でも、時間の経過に伴いターゲット住宅の状況は変化していくため、定期的に集客方法を見直す事が必要となります。

 

まとめ

本記事では、集客とマーケティングの概要やその大切さ、さらにマーケティングの中で重要な要素である集客の方法、その中でどの様な集客方法を採用し、内容をいかにすべきか等について5つのポイントを記載しました。

 

塗装業界に参考となる事例を引いて解説しましたが、実際にはさらに実情に合わせた細かな施策が必要と言えます。

 

マーケティング・集客コンサルタント的な役割を担ってもらえるWEB制作会社に、総合サポートを実施してもらうのも一つの方法です。

 

この記事を書いた人

代表 山縣
外壁塗装HP集客専門です!全国にパートナー業者が60社以上います!あなたも下請け脱却しませんか?

HP制作、集客のご相談はこちら
全国対応です
お問い合わせ後のしつこい営業は一切しません

044-987-7530 メールフォームはこちら

実際に塗装業者の売上になった集客方法を無料でプレゼント!

塗装業者の方で『これからHPを制作したい』『HPがあるけどお問い合わせがない』など悩んでいませんか?
実際に売上になった数多くの集客方法から、特選して6つだけ教えます。

  • 塗装業者が絶対やってはいけない3つのHP制作
  • この3つをやるだけで集客できる!

このE-bookは、パートナー業者に集客させ続けることができたノウハウを解説しています。
この機会に、あなたの集客になるようにお役立てください。
E-bookをダウンロードして頂いた方には特典も付けています。


お名前 *
メールアドレス *

ダウンロードボタンを押すと自動返信メール中に、E-bookのダウンロード用URLが記載されています。 ※登録頂いたメールアドレスは、ご希望時にいつでも解除することができます。

実際に塗装業者の売上になった集客方法を無料でプレゼント!

集客実績のあるサービスメニューはこちら

自社物件を増やせる塗装HP制作

集客したお客様の声

相談多数!個別コンサルティング

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)