外壁塗装ネット集客の凄ワザ!

忙しいのに儲からない塗装業者はこれ!

お盆も過ぎて、案件が増えてきた塗装業者は多いでしょう。

これから忙しくなってきます。

でも忙しいのに、儲かっていない塗装業者がいるんです。

儲からない原因がある

あなたは毎日忙しいのに、まったく儲かっていないのは原因があります。

・材料費が高くなっている

・人手不足による人件費が高くなっている

・元請けからの紹介現場しかない

 

年々材料費は上がっています。

高性能塗料の需要は多く、塗料の性能が上がれば費用はもちろん上がるわけです。

他にも人数が少ない業者なら、足場を外注することがあるでしょう。

材料費が安くなることはないです。

 

人手不足はこの先も改善されることはないでしょう。

しかも若年層人口(15歳~34歳)の激減は避けられず、若い職人確保のために日給を上げなければいけません。

売り手市場はますます加速し、職人の転職は頻繁に起きます。

それが人件費高騰にどんどんつながっていくんです。

 

元請けの紹介現場は、予算、納期などが決まっているので、この範囲で動かなければなりません。

これは一現場に対して粗利を多く出すのは厳しくなります。

売上を増やして粗利を上げるために、紹介現場を多くしても、その分トラブルなど問題も多くなります。

利益が出ない現場が多くなれば、何のために働いているのか迷いだし、疲れ果てやる気もなくなっていきます。

「二人で組み立てってキツイでしょ。。。」

先に人件費カットはやってはいけない

元請けの紹介だけで、粗利を多く出す方法はあります。

それは、

職人を減らし、日給を安くして、納期を守らせる

しかしこうなっては職人の負担が多くなり、施工の質の低下(3回塗りを2回塗りにしたり)、離職につながります。

粗利を多く出すために、まず先に人件費カットはやってはいけません。

まず人件費に手を付ける前に、他に無駄なことがないか見直すことが先です。

粗利を多く出すには、自社案件しかない

粗利を多く出すためには、自社案件を増やすしかありません。

自社で直接請けることで、粗利は多くなります。

少しずつでも自社案件を増やし粗利を増やしていけば、材料費、人件費をカバーできます。

カバーしてもしっかり粗利は残っていくんです。

粗利が溜まっていけば、色んなことに投資ができます。

腕と人が良い職人の確保、社会保険の充実、事務所を構え倉庫拡大など投資できる選択しが増えるんです。

粗利が増え投資をどんどん行えば、会社もどんどん成長していきます。

会社が成長すれば、人が集まり仕事も増えます。

自社案件を増やすことは、未来のあなたを助けることになるんです!

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top