外壁塗装ネット集客の凄ワザ!

あれもこれもやって塗装HPが集客できない理由

現在塗装業をメインに70社以上HPを制作させて頂いております。

お問い合わせも「別会社で制作したHPからお問い合わせがこない」や「どうやったら集客できますか?」などのご相談が増えてきています。 

何だか塗装業者のお悩み電話相談的なことになってきています(笑)

でもありがたいです。

塗装業界を盛り上げていくのが(主に地域密着の下請け業者)僕の楽しく感じれる仕事になるので、微力ながら影響しているんだと思います。

男「早く帰りたいな・・・」

集客できる情報を実践するだけ

弊社の場合はHPを作る事がメインではなく、「集客」「反響」をいかにして増やすかがメインです。

「0から1」が最も得意としてます。

制作してから、いかにして集客していくかが得意です。

これだけ塗装業のHPがあるので、完成後には強烈な競争が待っているんです。

本当に集客したいなら、「集客できる情報とやり方」を知って実践しなければなりません。

それは色んな情報があるなかで、「いらない情報、効果のない情報」をいかにして除去するか。

例えばおすすめ塗料を載せるのは良いとこです。

でも、こんな効果があるんですよ的な説明なら、他のサイトで沢山あります。

あれもこれもではなく、本当に必要でしかも施工実績があり、効果がある情報だけをつかみ活かすかが大事なんです。

閲覧者にとって、求めていて為になる内容なら、その業者に相談してみようと思うんです。

「もしもし~、HP見たんですけど~お見積りいいかしら?」

とことんシンプルにする。

沢山の知識をHPいっぱいに出して、「知ってもらいたい、理解してほしい」という気持ちは分かります。

でもそれだと閲覧者が知りたい情報、本当に必要な情報がHPにあるのか分からなくなります。

分からなければ、HPから離脱してお問い合わせにつなげることは難しいんです。

自社の強みを沢山出したい気持ちをグッと我慢して、HPはシンプルに分かりやすくすることが大事です。

 

・本当に知ってほしい自社の強みを3つに絞る

・実践した施工実績を分かりやすく解説

・お問い合わせへ誘導しやすくする

 

本当に知ってほしい自社の強みを3つに絞り込んで、コンセプトページにまとめましょう。

そうすれば閲覧者にとって、その業者の強みが分かりやすくなり判断材料になります。

 

そして施工実績ブログで、実際に施工した内容を写真付きで解説。

例えば、外壁のヒビにはクラック補修をすることのメリットや、○○塗料を使用した場合の施工前、施工後でどんな外観、効果が期待できたかなど。

ここはブログで更新頻度を多くしていくことで、各ページ評価が高くなり閲覧数が増えていきます。

外壁のヒビから雨水が侵入します。早めに補修が必要です

 

後は、記事の最後はお問い合わせページに誘導するボタンをしっかり張り付けることが大事です。

最後まで読んでもらったので、そこはしっかりお問い合わせページの飛ばしましょう。

この繰り返しが、お問い合わせを増やす中の一つです。

集客は簡単ではありません。

簡単でないから、実績効果があるやり方を繰り返し続けるかが「集客できる業者」になれるかだと思います。

 

 

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top